外国人技能実習制度 監理団体へのコンサルティング

協同組合の買いたい売りたいの話が最近多い

最近、協同組合を買いたいという話が多い。なんのためか。それは外国人技能実習生受入れ事業を行いたいからという理由だ。新制度になって監理団体運営に疲れている人が多い反面、今後外国人労働力の需要が更に高まるのをビジネスチャンスとしてとらえている人も多いのか?

外国人技能実習生受入れコンサルティング 監理団体へのコンサルティング

外国人技能実習生受入れ事業を取り組む考え方

協同組合などの監理団体が、外国人技能実習生受入れ事業をどういう考え方、どういうスタイルで取り組むかによって、事業が円滑に行えるか、そうでないかを大きく左右します。多く見られる良くない例が、人材派遣がごとく、「外国人技能実習生を受入れしませんかー。」

当サイトについて

ホームページリニューアル

弊社ホームページをリニューアル中です。既に旧ホームページを閉鎖し、既にご覧になられているこのホームページはリニューアルしたホームページになりますが、まだまだ未完成にあります。徐々にですがコンテンツをUPして参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。