外国人材活用コンサルティング事業
協同組合設立方法、監理団体の許可取得方法をコンサルティング。設立後の運営もサポート

外国人技能実習生受入れコンサルティングサービス弊社では、外国人材活用をお考えの企業様をはじめ、技能実習生共同受入れ事業を行う監理団体様などに対し、外国人材の雇入れや管理の適正な方法を提案、アドバイス、または課題の解決をサポートしております。

外国人技能実習制度においては、協同組合の設立から監理団体の許可申請、海外の送出し機関との連携、受入企業の監理など、幅広くサポートしております。

また、新しい在留資格である特定技能においても、特定技能外国人の受入れを検討する企業様に対し、受入れ体制の構築やリスク、コストを最小限にする提案などもしております。

弊社は、外国人材活用に関するコンサルティングを通じて、外国人材受入業界の健全化、適正化に貢献していきたいと考えております。

詳しくは下記項目ををクリックまたはタップして下さい。

協同組合設立、監理団体の許可申請をサポートします

監理団体、登録支援機関のコンサルティングサービス。運営顧問契約。

特定技能外国人の受入方法をレクチャーし、体制整備などのコンサルティングをします。

技能実習、特定技能、協同組合設立・監理団体許可申請サポート、コンサルティング

ピックアップ記事

  1. 技能実習制度は人材派遣ではありません
    監理団体は人材派遣や人夫出しとは違う!ということを訴えたくて動画を撮りました。
  2. 技能実習生、ミャンマー人、特定技能
    11月30日から12月2日にかけてミャンマーへ行ってきました。
  3. メディア掲載、病院新聞
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...
  4. 監理団体、監理費
    監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  5. 登録支援機関の要件ってなに?業務内容は?
    特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。