ホワイト企業認定サポート
ホワイト企業認定をサポート致します。

採用、定着の課題はホワイト企業認定で解決

社員の募集・採用・定着が難しい時代に

ここ近年、人材採用と定着が困難になり、特に中小企業での人材不足が深刻になっています。

求人広告費をかけ、面接などで人件費を消耗し、やっと雇入れたと思ったら退職されてしまう。

特に、建設、介護などの業界は特に深刻で、外国人材に頼り切る企業も少なくありません。

企業として存続していくことを諦めてしまう経営者も少なくありません。

この厳しい時代を乗り越えて行くには、どうしたら良いのか?

そしてこの厳しい状況を、政府は助けてくれる様子がない。
むしろ、中小企業はある程度淘汰されるべきとさえとれるような政治家の発言が目立ちます。

この厳しい時代を生き抜いて行くには、自社が積極的に変わっていくしかないのです。

そんな中、お勧めするのがホワイト企業認定です。

ホワイト企業認定とは

ここで言うホワイト企業とは、いわゆるブラック企業ではない企業という単純なことではありません。
労働関係法遵守はもちろん必須条件ですが、家族に入社を勧めたい、次世代に残していきたい企業を指します。

このホワイト企業認定は、企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の一般財団法人日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)による認定制度です。
起業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度がホワイト企業認定

ホワイト企業認定のための7つの指標

ホワイト企業の認定要件として、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき7つの項目からなる全70設問で、総合的に判断・評価するものになります。
企業のホワイト化を総合的かつ 客観的 に評価する国内唯一の認 定制度。ホワイト企業に必要な7つの指標
ホワイト企業認定/ビジネスモデル・生産性ホワイト企業認定~ダイバシティ&インクルージョンホワイト企業認定~ワーク・ライフバランスホワイト企業認定~健康経営ホワイト企業認定~人材育成・働きがいホワイト企業認定~リスクマネジメントホワイト企業認定~労働法遵守

7つの項目からなる70設問にて、総合的に判断・評価しているのは日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。

ホワイト企業認定の認定までのステップ

      ①WEB審査<無料>
      ②書類審査<無料>
      ③承諾書を提出
      ④ホワイト企業認定

審査までは無料なので、自社がどのレベルにあるかを確認していただくだけでも無料で審査を受けていただくことをお勧めしています。

ホワイト企業認定にはこんなメリットがあります

なによりも、優秀な人材の採用・定着に効果があります!
その人材の採用・定着の効果は、日本人だけでなく外国人に対しても有効なものになるような内容になっています。

ホワイト企業認定のメリットをまとめると、

  • 採用活動に大きな効果
  • 従業員の定着率UP
  • 自社課題の明確化
  • 生産性の向上
  • 顧客満足度の向上
  • 企業広報への活用

社員満足度や顧客満足度を高めることにより、企業価値を高めていくことが重要です。

ホワイト企業認定の実績

ホワイト企業認定の実績一覧

上記の他にも多くの中小企業様から指示を集めています。

ホワイト企業認定獲得に向けたサポート

まずは無料審査を受けていただき、ホワイト企業認定の基準に達していいない7つの項目からなる各分野の取り組みや改善などをアドバイス差し上げ、認定基準に達することができるようサポート致します。

弊社からのコンサルティングを受けて抱くことにより、ホワイト企業認定が獲得できるだけでなく、経営上の様々な施策の意義と重要性を理解でき、有利な企業経営に役立てる術を得られることと思います。

例えば、ダイバーシティ&インクルージョンについてや、ビジネスモデル・生産性について、法令順守はもちろんリスクマネジメントや人材育成など、有利な経営をするための体制整備と経営戦略を得られます

まずは無料で審査を受けてみませんか?

無料審査のお申し込みは以下のメールフォームからお願い致します。
追ってスケジュール調整等のご連絡をさせていただきます。

      


    ピックアップ記事

    1. 外国人技能実習制度が本格的に見直しをすることが検討されていることについて
      2022年7月29日、古川法務大臣が記者会見で外国人技能実習制度の本格的な見直しを検討する考えを明ら...
    2. 技能実習制度は人材派遣ではありません
      監理団体は人材派遣や人夫出しとは違う!ということを訴えたくて動画を撮りました。
    3. 技能実習生、ミャンマー人、特定技能
      11月30日から12月2日にかけてミャンマーへ行ってきました。
    4. メディア掲載、病院新聞
      7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...
    5. 監理団体、監理費
      監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。