ミャンマーにて日本で介護職として働きたいという若者を取材しました

技能実習生、ミャンマー人、特定技能

11月30日からのミャンマー渡航において、日本で介護職として働きたいという若者を取材。

日本語を学び、ミャンマーにて介護の資格(日本では非公認の資格)を取得し、日々勉強している若者達です。

日本側からオーダーを受けたとか、日本側の面接を受けたなどもなく、日本側からオーダーが入ったら直ぐ応募し、合格できるよう自分たちの意思で勉強しているのです。

一般的にあるのが、日本側からオーダーが入り、面接で合格してから日本語学習に取り組むと思いますが、今回取材した若者達はそうではなかった。

取材したミャンマーの若者たちは、21歳~29歳、全員JLPTかNAT(N2~N5)の日本語検定に合格しています。

取材をした様子を動画に収め、YouTubeにアップロードしてますので、よかったらご覧になってみて下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


にほんブログ村ランキング

にほんブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 技能実習制度は人材派遣ではありません
    監理団体は人材派遣や人夫出しとは違う!ということを訴えたくて動画を撮りました。
  2. 技能実習生、ミャンマー人、特定技能
    11月30日から12月2日にかけてミャンマーへ行ってきました。
  3. メディア掲載、病院新聞
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...