技能実習生の家賃徴収の計算方法と考え方

外国人技能実習生の家賃の考え方を動画にしてみました。

またもやマイクの調子が悪いのですが、聞きずらい所はどうかご容赦ください。

技能実習生の居住費(家賃)徴収上限額の計算方法

自社物件の場合

宿舎の総工費÷宿舎の耐用年数÷12ヶ月÷居住定員人数

=1人当たりの家賃(月額)としての徴収上限

賃貸物件の場合

賃料 ÷ 居住定員人数

=1人当たりの家賃としての徴収上限

技能実習生の家賃を決める際のポイント

上記計算式にある定員人数という部分がポイントです。

居住人数で割って計算すると、居住人数の増減の度に

「家賃どうしようか?」

と、くだらないこと考えてしまいがちです。

技能実習生の受入れ計画と、宿舎のスペースを考えた定員数をあらかじめ決めておき、定員人数で計算して家賃を決めれば、後で技能実習生の気持ちも考えずに家賃上げたり下げたりしないはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


にほんブログ村ランキング

にほんブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 技能実習制度は人材派遣ではありません
    監理団体は人材派遣や人夫出しとは違う!ということを訴えたくて動画を撮りました。
  2. 技能実習生、ミャンマー人、特定技能
    11月30日から12月2日にかけてミャンマーへ行ってきました。
  3. メディア掲載、病院新聞
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...