送出し機関向け営業用ホームページ作成

技能実習生を送り出す海外の送出し機関様に対し、日本での営業用ホームページ作成請負をさせて頂きます。
日本の監理団体へ営業。
海外の送出し機関は数多くありますが、日本側で送出し機関のホームページを検索すると、日本語で丁寧に説明された送出し機関のホームページは極限られた数社しか抽出されません。

日本の監理団体に対して積極的に電話やFacebookなどで営業をされる送出し機関もありますが、営業される側の日本の監理団体は日々の営業電話にタジタジになってしまっている現状。

そんな中、まだ日本向けのホームページを持っていない送出し機関に対して、

「どこか良い送出し機関ないかな?」
とネット検索される監理団体の目に止まるホームページを開設することを提案させていただいております。

ホームページの仕様はPC、タブレット、スマートホンと端末ごとに最適化表示されるレスポンシブ・ウェブデザインで作成します。
送出し機関に対しホームページ作成請負サービスを行っております。

作成料金は、ホームページの仕様やボリュームによって見積りをします。

ホームページ作成請負受注は月2件までとさせていただいておりますので、ご検討される方はお早目にお問合せ下さい。

送出し機関ホームページ作成請負お問合せ


クリックいただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

ピックアップ記事

  1. 2019.2.20

    監理団体と実習実施者の関係と監理費

    監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  2. 2019.2.10

    新在留資格、「特定技能」における登録支援機関の業務と要件

    特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。
  3. 送出し機関からキックバックを受けた監理団体役員は逮捕されます。

    2018.12.6

    送出し機関からキックバック・マージンを受け取る監理団体

    送出し機関から技能実習生を採用したことに対する見返りとして、監理団体がマージン(キックバック)を受け...