1次事業支援サービス

監理団体(協同組合)様におかれましては、2次事業として取り組む外国人技能実習生共同受入れ事業の前に、主たる事業、いわゆる1次事業においての経済活動が必須です。

しかし、外国人技能実習生共同受入れ事業へつぎ込む労力は新制度になって以来多大なものになっており、1次事業どころではないと嘆かれている監理団体様も多いかと思います。

そこで弊社は監理団体様の1次事業を支援させていただくサービスを展開することになりました。

1次事業支援サービス概要

監理団体様、及び傘下の組合員様に対して、弊社がお勧めする有益な商材・サービスをご案内致します。

ご案内する商材・サービスのご利用があれば、監理団体様へ販売手数料をお支払い致します。

販売手数料は1次事業における共同購入事業の売上になります。

共同購入においての契約や集金、納品やアフタフォローなどは弊社が行いますので、監理団体様は労力を使うことは御座いません。

また、1次事業支援サービスは無料のサービスですので、お気軽にご利用ください。

ご案内する商材・サービス

  • □ 組合員様のホームページ作成請負
  • □ OA機器(複合機販売)
  • □ ウォーターサーバー
  • □ インターネット通信回線
  • □ 外国人向けSIM
  • □ 個人事業主向けの労務管理支援
  • □ 法人向け電力販売
  • □ ネットワークカメラ(防犯・安全衛生)

その他、随時お役に立てる商材・サービスを追加してまいります。

※ 監理団体様経由以外でも、個別に弊社へ直接ご注文も可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

クリックいただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

ピックアップ記事

  1. 2019.2.20

    監理団体と実習実施者の関係と監理費

    監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  2. 2019.2.10

    新在留資格、「特定技能」における登録支援機関の業務と要件

    特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。
  3. 送出し機関からキックバックを受けた監理団体役員は逮捕されます。

    2018.12.6

    送出し機関からキックバック・マージンを受け取る監理団体

    送出し機関から技能実習生を採用したことに対する見返りとして、監理団体がマージン(キックバック)を受け...