Topics

介護業界での外国人材活用に関するパネルディスカッション

外国人材 国際コンベンション

コンサル先の社団法人が主催する、「外国人材 国際コンベンション」が7月5日、東京都練馬区で開催されました。

今回のコンベンションは第1回目で、『介護』を対象とした内容になりました。

外国人材 国際コンベンション会場

参加されたのは、介護事業者の方々が主で、約180名の方々が出席されました。

また、ブース出展として、監理団体4団体、送出し機関6機関、日本語学校1校の参加がありました。

弊社においては、一般社団法人アジアヒューマンサポート様とご縁があり、コンベンションでのパネルディスカッション・生討論を行う部門を任せていただきました。

弊社代表の笹本が司会兼パネリストを務め、同業のコンサルタント2名の方々と共にパネルディスカッションを行いました。

外国人材コンサルタント コンベンション1

正味1時間のコーナーだったのですが、正直もっと時間が欲しかった。
もっともっと伝えたいことが沢山ありました・・・

外国人材コンサルタント コンベンション2

弊社の外国人材に関するコンサルティング事業は業界の健全化に貢献することを目的として行っております。

ですので、ただ制度の仕組みや活用方法を伝えるだけの講義はしたくないと最初から思ってましたし、業界の裏話をドンドン暴露的に伝えていこうと考えてました。
(裏話は口頭で伝えています。資料に載せて後からおかしなクレーム来るのも嫌なので)

適正な外国人材の受入れをするには、業界の闇をよく知っておく必要があると考えてますので、そんじょそこらのセミナーでは聞けない内容になっていたのではないかと思いますよ。

最後に「参加者による情報収集・情報交換・相談受付」ということで、各ブースで熱い情報交換が行われました。

外国人材国際コンベンション ブース

共にパネルディスカッションを行った2名のコンサルタントもブースでは相談を絶えず受けており、大変盛況でした。

クリックいただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 外国人材 コンサル メディア掲載
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...
  2. 監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  3. 特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。
  4. 送出し機関からキックバックを受けた監理団体役員は逮捕されます。
    送出し機関から技能実習生を採用したことに対する見返りとして、監理団体がマージン(キックバック)を受け...
  5. 最近、協同組合を買いたいという話が多い。なんのためか。