Topics

インドネシア送出し機関、教育訓練機関の現地視察(バリ島編)

前回の記事に引き続いて、インドネシア現地視察ツアーのレポートです。

(前回のジャワ島編の記事はこちら

視察した送出し機関の名称や具体的な視察内容は公開できないので、ここでは記事にできません。ご了承ください。

5月12日から16日にかけてのインドネシア現地視察の4日目の夕方、スラバヤ空港へ到着。

いよいよバリ島へ向かいます。

インドネシア送出し機関現地視察、バリ島へ移動

スラバヤからバリまでは1時間のフライトです。

ジャワ島は日本との時差が2時間だったのですが、バリ島は日本との時差が1時間なので、時差が1時間縮まります。

そして、バリ島に着いたとたんに、

リゾート感満載!w

これまでの行程が朝から晩まで視察や面会インタビューと仕事漬けだっただけに、急に脱力感が襲ってきましたw

そしてホテル到着。
バリ島で宿泊したホテル

バリ島 ホテル

プールを囲むカフェハウス。

連日の朝から晩までの視察で疲れ切ってましたが、気分はレジャーモードに一気に切り替わりました。w

チェックイン後、すぐに海辺のレストランへGO!

レストランについてたら、私はとりあえずビール♪
バリ島でビール

仲間はなんとも南国らしい飲み物を♪
バリ島でココナッツドリンク

そして翌朝。
部屋のドアを開けると目の前にはビーチが・・・
バリ島のビーチ

チェックインしたのが日が暮れてからだったので分からなかった。
宿泊部屋のドアを開けたら目の前がビーチだなんて・・・

なんて素敵なんだ。

そして朝食へ。
バリ島での朝食はプールサイドのレストラン

しかもプールサイドでビュッフェって、こんなの初めて。

プールサイドでリゾート気分を満喫しながら朝食をとりました。
プールサイドの向こうはビーチが広がっています。
バリ島でリゾート気分を満喫しながらの朝食ビュッフェ

・・・と、リゾート気分はここまでにして、ここから仕事モードに戻ります。

視察場所の名称や画像を掲載できないので、ここでは詳しく説明できませんが、

バリでの1件目の視察は、数ヶ月後に開校を予定する技能実習生を教育する教育訓練機関。

教育施設や教育方法、今後の方針、日本語講師や事務スタッフの配置予定などを確認させてもらいました。

2件目は看護専門学校へ行きました。

バリ島地域での介護人材の輩出にどれだけ期待が持てるか肌で感じたかったのです。

看護専門学校の生徒たちは15~18歳の子たちが学んでいました。
生徒数は263名で8割が女子。
生徒の皆さんは学習意欲旺盛で、熱心に勉強をしてました。

そこで、教室へ見学に入らせてもらい、日本へ行って仕事をしたいか尋ねると、ほとんどの子が日本で仕事をしたいと答えてくれました。
実際に介護実習生の募集をしてみないと本当のところは分かりませんが、少なくとも日本に興味はあるのかなと。

ここで正午を過ぎましたが、もう1件。

3件目にいったのが、約15年の実績のある送出し機関へお伺いしました。
少ない人数ではありますが、介護人材も送り出しているとのこと。

こちらは失礼ながら急遽お邪魔してしまったので、責任者の方とはお会いできず、職員の方とお話を聞かせていただいた程度で終わりました。

以上で、全ての視察行程は終了しました。

とてもローカルなお店で遅い昼食をとり、残った時間は観光を・・・
といっても、この日の22:45には空港にチェックインして帰国するのですが(汗

とりあえずお買い物スポットを軽く散策し、バリ島の観光スポットととして有名なウルワツ寺院へ行きました。

ウルワツ寺院と言えばケチャダンス。

この動画だけ観ると、なんだこれって思うかもしれませんが、全編見ると面白いですよ。
 ↓

そして、この後は「もっとバリ島で過ごしたい。」と思う気持ちを押し殺して帰国の途へ・・・

翌朝、成田空港に到着し睡眠不足状態でそのまま仕事をしました。

クリックいただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 外国人材 コンサル メディア掲載
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...
  2. 監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  3. 特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。
  4. 送出し機関からキックバックを受けた監理団体役員は逮捕されます。
    送出し機関から技能実習生を採用したことに対する見返りとして、監理団体がマージン(キックバック)を受け...
  5. 最近、協同組合を買いたいという話が多い。なんのためか。