Topics

弊社へ営業をかけてくる送出し機関の方々へ

送出し機関を監理団体へ紹介

弊社に対し、
「当社から技能実習生受入れをご検討ください。」
と営業をかけてくる送出し機関の方々がたくさんおります。

これに対し、この場をお借りして申し上げたいのですが、弊社は外国人技能実習に関するコンサルティングサービスを監理団体様や送出し機関様へ行うことを業としています。

したがって、弊社では外国人技能実習生受入れをしておりません。

それを営業をかけてきた送出し機関の方に言うと、
「では監理団体を紹介してください。」
とお願いをされます。

しかし、見ず知らずの送出し機関を無責任に監理団体様へご紹介することもできません。

ご紹介にあたっては、現地視察と細かなヒアリングをし、優良な送出し機関だと当方が判断した送出し機関、もしくは弊社とお付き合いいただく監理団体様などで提携する送出し機関で、評判が良い送出し機関をご紹介させていただいております。

ちなみに、ご紹介にあたり、キックバックを要求することもしておりませんし、紹介手数料など請求するような仲介もしておりません。
あくまで紹介なので、紹介後は紹介先と直接お取引いただくようにしております。

そして送出し機関の方々へ一つ忠告をしておくと、
「キックバックするから監理団体を紹介してください。」
と言ってきた場合は、まず紹介などしませんし外国人技能実習機構へ通報させていただきます。

以上、ご承知おきをお願い致します。

クリックいただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 外国人材 コンサル メディア掲載
    7月5日に東京都内で行われた外国人材国際コンベンションに参加し、パネルディスカッション、ブースでの相...
  2. 監理と管理監理団体は技能実習生を受入れる事業者である実習実施者を監理します。
  3. 特定技能について、いろいろと情報が出てきましたね。
  4. 送出し機関からキックバックを受けた監理団体役員は逮捕されます。
    送出し機関から技能実習生を採用したことに対する見返りとして、監理団体がマージン(キックバック)を受け...
  5. 最近、協同組合を買いたいという話が多い。なんのためか。