協同組合設立サポート

外国人技能実習生共同受入れ事業を行う協同組合を設立するにはどうしたら良いのか?

協同組合を設立したい技能実習生受入れをするための協同組合を設立したい!

そう考える起業家の方は少なくないと思います。

しかし、外国人技能実習生共同受入れ事業は福利厚生的な2次事業でしか認められていないため、基本的に技能実習生于受入れを主目的とした協同組合設立はできない仕組みになっています。

まずは主たる事業として、共同販売、共同購入などの1次事業を行うための協同組合設立を考えなければなりませんん。

でも、外国人技能実習生共同受入れ事業を行う協同組合を設立したい!

とお考えの方に対し、コンサルティングをさせていただきます。

協同組合を設立したいが書類作成など担当させる人員がいない

協同組合を設立したいが、関係機関と打ち合わせや調整、書類作成などの設立業務に人員を割くことができない!

そういった問題解決にもお応え致します。

関係機関との打合せや調整、書類作成など弊社にて代行致します。

設立業務においての進捗に関しては随時報告相談をさせていただき、書類作成関しても随時ご確認をいただいた上で仕上げて参ります。

外国人技能実習生受入れコンサルティングお問合せ

 

ピックアップ記事

  1. 2018.10.14

    外国人技能実習生受入れ事業を取り組む考え方

    協同組合などの監理団体が、外国人技能実習生受入れ事業をどういう考え方、どういうスタイルで取り組むかに...